日本の金融を守る金融庁

金融庁と銀行

金融庁とは、一言で言って、日本に金融の安定化に取り組む機関です。具体的には、銀行などの金融機関の検査・監督を行い、きちんとした銀行経営ができているかの監督、また昨今ではネット銀行という形で多くの新しい銀行が誕生しましたが、そういった新しい銀行の認可や、ネットバンキングなど斬新な銀行サービスをスタートする際の認可、そして、金融制度に関する法律の立案や、公的資金投入の決定などの機能を担っています。

90年代の終わりごろ、景気の悪化に伴って、色々な銀行が破たんするという深刻な事態が起こりましたが、その際、破綻となった銀行の再建のために資金を投入して再建する手伝いをしたり、再建の手段として資金を渡すだけでなく、他の銀行との吸収・合併を提案して実施しするというような手段を提案したり、また、そういった深刻な事態が起きた場合に、その銀行利用者の資産を少しでも守るために、ペイオフという預金補償制度を作ったりしたのも、金融庁です。

私達が普段利用している銀行というのは、大きな組織であり、しかもお金というのは誰もが扱うため、普段はあまり感じませんが、株式会社の一般的な企業で、そこには利用してくれるお客さんを増やす、つまり、自分の会社の利益を追求するという目的のために、魅力的なサービス商品を打ち出す努力をして競争をしています。私達が当たり前のように、利用している銀行が提供している預金をはじめとするお金に関するシステムは、全てサービス、銀行が売り出す商品なのです。

しかしこれにはお金が持つ性質に充分注意しなければなりません。お金というのはそもそも、他の企業やお店が行っているように、製品として、誰かが勝手に作ったり、時には作り替えたりすることはできません、。また、どのお金が、誰のものであるかということも厳密には決まっていないので、混乱が生じやすく、それらをやりとりする環境を整備する必要があり、そのためには、きちんとした法制度の元で行う必要も、その法の番人となる機関も必要です。そして、その法制度を整えたり、監督したりするのが金融庁であるということです。