お金の道具クレジットカード

上手なクレジットカードの持ち方

クレジットカードは、所持金がなくても買い物ができてしまい、またお金を使っているという実感も乏しいため、ついつい使いすぎてしまう危険性があります。しかしながら、上手に使用すれば、日常の買い物をより便利なものにしてくれます。クレジットカードをマネーライフの強い味方にするために、クレジットカードの持ち方を上手にする必要があります。

まず、何と言ってもクレジットカードをたくさん持つことはやめましょう。また、複数のクレジットカードを同時に使用することも、支払日や使用額の把握が困難になるため使いすぎてしまう危険性があります。クレジットカードは多くても2枚まで。その2枚についても、主に使うのは1枚に絞りましょう。

クレジットカードには、色々な種類がありますが、まず、銀行が発行しているキャッシュカードにクレジットカード機能を付けたものはあまりメリットがないので作らないことをおすすめします。各種デパートが発行するクレジットカードや航空会社が発行するクレジットカード等、どこのクレジットカードを持つかは、ライフスタイルに合わせて選ぶ必要があり、クレジットカードを持っているかどうかに関わらず頻繁に買い物をするところのクレジットカードを選んで作るようにしましょう。

家族という単位で考えて、使用しているクレジットカードの枚数を再検討することも大切です。例えば、子供がいなかったり、子供がいてもまだ小さかったりするのであれば、旦那さん、または奥さん名義のクレジットカードの限度額を大きくして、家族カードを発行してもらい、同じアカウント内でカードを使用することもおすすめです。最近では、子供の分の家族カードを発行し、早いうちから子供にクレジットカードを持たせることもあるようですが、子供に対しては、子供が成長し、成人した時点で本人名義のクレジットカードを持たせることをおすすめします。