お金の道具クレジットカード

クレジットカードの上手な使い方

クレジットカードの使用についてとにかく気を付けるべきなのは、クレジットカードを持つことは収入が増えるということではないということです。

クレジットカードを上手に使うには、クレジットカードを使用した分とそれ以外の支出を合わせ、家計の全体に関する支出を把握するために、とにかく、使ったら使った分だけきちんと把握し、どのタイミングでどれだけのお金を支払う必要があるのかを知っておきましょう。

理想的なクレジットカードの使い方は、余っている銀行口座をクレジットカード専用の口座とし、これを利用して、クレジットカードを使ったら、その分を数日以内にその口座に入れておくことです。より理想的なのは、その口座をクレジットカード代金の引き落とし専用の口座にすることですが、一枚のクレジットカードのためにわざわざ口座を開設するのはあまり効率的とは言えません。これには、ネット銀行の目的別口座が活用できます。目的別口座に「クレジットカード」という目的を作成し、代表口座から使用した分だけ振り替えておきます。そして、支払日の前日までに請求額の分だけまた「クレジットカード」の目的別口座から代表口座に移し、その代表口座からクレジットカード代金が引き落とされるようにします。こうすれば、振替さえ忘れなければ、支払を忘れることもありませんし、「引き落とし日なのにお金がない」という事態も防ぐことができます。

もう一つは、生活の中の支払いを可能な限り一枚のクレジットカードで済ませるようにするということです。これであれば、どれだけクレジットカードを使用したかのみを把握し、その額が収入を超えないということだけ気を付けておきます。しかし、これは、独身の場合には可能かもしれませんが、家計を同じくする家族がいる場合にはなかなか難しいかもしれません。