分かりやすい投資信託インデックスファンド

インデックスファンドとは

投資信託は投資のプロに自分の資産を預けて運用してもらい、お金を殖やしてもらうことです。プロに代わりに資産運用をしてもらうといっても、どの分野に資金投入をするか、どういうタイミングで利益確定をするのか、またはどれだけのリスクを背負って利益を追求するのかといった細かいことはこちらから指示する、または、プロの投資家の提案を承諾するといったことが必要です。

プロの投資家に代わりに資産運用をしてもらう投資信託の中に、インデックスファンドというものがあります。インデックスファンドは、その基準価格がインデックスと同じ値動きをするように運用するもののことです。このインデックスとは、日経平均株価(日経225とも呼びます)、TOPIX(東証株価指数)を始めとする指数のことで、簡単に説明すると、色々な会社が発行する株の価格のその一時点の平均価格のことです。つまり、インデックスファンド自体の価格がこれらのインデックスの価格を反映しているということになります。

例えば、日経225のインデックスファンドの何がいいかというと、値動きが分かりやすく、特定の個別銘柄を持っているよりもリスクの軽減をしやすいという点にあります。日経225は平均の株価なわけですから、ある一時点である会社の株価が大きく値下がりしても、値上がりした会社の株価が支えとなり、日経225の価格自体はそれほど値下がりしなくて済むということになります。 (◎日経225が学べるサイト 日経平均株価指数(東京証券取引所)日経225株式一覧 - Bloomberg http://www.bloomberg.co.jp/markets/stocks/movers_index_nky.html

この他にもインデックスと呼ばれるものはいくつかありますが、まずは前述の2つのインデックスを把握しておくだけで、大まかなマーケットの流れはつかめます。「数字が上がれば得をする」、「数字が下がれば損をする」という風に覚えておけばいいのです。