分かりやすい投資信託インデックスファンド

インデックスファンドの魅力

投資信託は資金をプロの投資家に託してお金を殖やしてもらうことですが、お金を殖やすという目的のための手段をこちらが指示することはできます。確かに、投資信託は「資産運用のことについてはさっぱり分からないからこその投資信託」という考え方はありますが、やはり資産運用というのはまとまったお金をつぎ込む必要があるので、投資信託とはいえ、仕組みはきちんと把握しておく必要があります。

投資信託の一つにインデックスファンドというものがあります。このファンドはそれぞれ日経225等の値動きの目安となるインデックスを持っています。つまり、儲かっているのかどうかは、その目安となっているインデックスを見ればいいので、比較的値動きが分かりやすい投資信託ということになります。この分かりやすさこそ、インデックスファンドの魅力です。

例えば日経225に連動しているインデックスファンドの場合は、自分が購入した時の金額を覚えておいて、それより上がっていれば「儲けている」ということになりますし、下がっていれば「損をしている」ということになります。また、日経225自体、分かりやすい動き方をします。日本経済にとって何か不都合なニュースがあれば日経平均は下がりますし、日本の株式市場の取引が開始する直前に閉まるアメリカの株価指数の終値が値下がりしていれば、日経平均もそれに引っ張られて下がることがあります。上がる時はその逆です。日本経済にとっていいニュースがあったり、アメリカ株が上がったりすれば日経も上がります。

この分かりやすさから、投資初心者に是非おすすめしたい投資信託です。また、これを販売している、つまり投資信託されているプロの投資家達にとっても手間のかからないもののようで手数料も安いです。中には手数料がかからないものまであるとのことです。