デビットカードを使って家計の管理をしっかりと

デビットカードとは

クレジットカードは現金が手元になくても買い物ができる点では便利ですが、引き落とし日がクレジットカード決済を行った日より約2カ月先になってしまうということから、家計をきちんと管理したいと思う人には不便な面もあります。また、クレジットカードはいざという時のために海外旅行にも便利ですが、為替レートのことを考えて買い物をしている人にとっては、この日にちのズレによる、為替レートの変化まで考えなければならないということになり、賢い買い物計画には不便なものです。

「買い物の時等に手持ちのお金が足りなくなってしまった。銀行口座にはお金があるけれど、銀行まで引き出しに行くのは面倒だ」ということはよくあることです。そんな時に持っていると便利なのがデビットカードです。このカードは、自分が普段使っている銀行の預金口座と連動させることにより、買い物をした時にこのデビットカードを提示すると代金が自動的に口座から引き落とされるというものです。その場で即時に代金が引き落とされるので、もし口座残高が足りなければ当然引き落としはできず、その買い物には使用できないということになります。

デビットカードを使用する際に把握しておくことは、デビットカードと連動させている銀行口座にどれだけの残高があるかです。例えば、デビットカード用である以外に、その口座を支払用の口座として光熱費や家賃等が直接口座から自動で引き落とされるようになっている場合は、それぞれの引き落とし日の前後で口座残高を把握しにくいかもしれませんが、これはクレジットカードを使用する際にも、自分の給与や、他にクレジットカードで決済したもの等を把握しておく必要があるわけですから、手間としてはデビットカードの方が楽であると言えます。