デビットカードを使って家計の管理をしっかりと

デビッドカードのメリット

買った物の代金をその場で連動させた銀行口座から引き落とすことができるデビットカードのメリットは何と言っても、自分の家計の収支を把握しやすいということにあります。また、大きなお金を持ち歩く必要もなく、買い物の時に手元にあるお金が足りなくなっても、わざわざ銀行まで出向いて預金を引き出して来るという手間も必要ありません。

それ以外のメリットとしては、クレジットカードとの違いにあります。クレジットカードと決定的に違うのは、決済の際にカード会社が代金を立て替える必要がないことです。つまり、クレジットカードは借金をすることで買い物をすることになりますが、デビッドカードの場合は、お金を払うという行為の形態が変わっただけです。借金をする必要がないため、審査等はなく、このカードを持つことができる年齢制限もありません。

年齢制限がないので、高校生でもこのカードを持つことができます。昨今の買い物の方法は、決して店頭へ行って買うというだけではなく、今やインターネットショッピングというものも買い物方法の主流となりました。こういったものの代金の支払い方法には、代金引換などの方法も用意されていますが、いくら注文してから届くまでに時差があるとはいえ、前もってお金を用意しておくのはなかなか面倒なものです。このデビットカードなら、高校生でも決済ができることから、ネットショッピングをもっと便利に行うことができます。口座に預け入れられている金額の範囲内でしか使用できないため、使い過ぎてしまうということもなく、前述のように借金とは違うため、利息が付くこともありません。

また、紛失という点でもデビットカードは便利です。現金を落としてしまえばそれまでですが、デビットカードは、再発行の手続きをとればいいので安心です。