デビットカードを使って家計の管理をしっかりと

デビッドカードを作るには

デビットカードには、クレジットカードと異なり、お金を借りるという機能はないので、安定した収入がある必要はありませんし、この収入の有無や金額等を含む審査はありません。また、年齢制限もないので、どんな人でもデビットカードを持つことは簡単です。家計の収支を賢く把握して、お金の使い方をよりスマートにするためにも、是非、このカードを持つことをおすすめしたいのですが、どこでデビットカードを作るかというのは、自分なりの使い勝手を考えながら、比較検討する必要があります。

デビットカードは基本的な機能として、お金が直接銀行口座から引き落とされます。このことから、普段最も頻繁に利用している銀行口座とこのカードを連動させるのが一番おすすめです。一番簡単なのは、その最も頻繁に利用している銀行口座のキャッシュカードにデビットカードの機能を付けることです。このサービスは全国にあるメガバンクにはもちろん、地方銀行にもありますので、店舗窓口へ言って問い合わせてみてください。また、ゆうちょ銀行のキャッシュカードにもデビットカード機能を付けることができます。

最近注目を集めているのはVISAのデビットカードです。これは、クレジットカードのVISAがデビットカードサービスをやっているもので、VISAカードを使えるお店では大体このデビットカードも利用できるとのことです。デビットカードのデメリットの一つにこの支払いシステムを取り入れているお店がまだまだ少ないというものがありますので、これはうれしいニュースです。このVISAデビットカードは、イーバンク銀行、スルガ銀行、ソニー銀行等のネットバンクで申し込みが可能です。

以上のことに加えて言えば、このカードを利用して家計の収支を賢く把握するのであれば、デビットカードと連動されている銀行口座が「支払い用」の口座であることが理想的です。