デビットカードを使って家計の管理をしっかりと

デビッドカード活用法

デビットカードを活用することは、賢くお金を使えるようになるのにとても役に立ちますし、まさにこの目的のために持つべきカードであると言えます。

VISA発行のデビットカードと大手メガバンク発行のJ-Debitカード。デビットカードにはこの2種類のカードがあります。どちらのデビットカードを選ぶかは、好みに任されるところでありますが、このカードはどちらも基本的には、新規作成手数料や年会費は無料なので、両方持っていてもいいのではないかと言えます。

ただし、この際に注意するのはこのカードと連動させる口座についてです。VISA発行のデビットカードはスルガ銀行とイーバンク銀行が発行しているものですので、連動させる口座もこれらの銀行の口座になりますし、J-Debitカードの方は、これを発行する、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行のいずれかの銀行の口座ということになります。お金を賢く使えるようになるためには、ます徹底的に収支を把握するというのが第一歩となります。これには、支払窓口となる銀行口座はできるだけ一本に絞るということがとても大切です。このことから考えると、両方のデビットカードを持ち、使用するのは得策ではないということになります。

デビットカードを持つこと自体は、家計の支出を把握することを簡便にしてくれますし、クレジットカードでの買い物、つまり、ある意味で借金をして買い物をするという悪習慣を絶つ強力なツールとなってくれるのでおすすめです。また、大きなお金を持ち歩かずに買い物が可能ため、デビットカードはセキュリティでの面でも役立ちます。このカードが今よりも普及すれば、お財布に現金を持たずにこのカード一枚だけを持ち歩くという時代が来るかもしれません。