円安を活用する資産運用

円安の意味を考えて運用する

日本の経済には、円安の方がよいとする傾向が根強くあります。これは、日本がものづくりの国で、自国で開発した製品を外国に買ってもらうことで、収入を得ているのですが、外国と取引を行う場合には、そこに為替レートの差による、値段の違いが出てきます。ですから、日本が自国の通貨として使用している通貨が、日本の製品を輸出する先の国の通貨に対して、高すぎる(強いともいう)と、相手にとっては、日本の製品が不当に高いものになってしまう可能性があります。不当に高い製品は、誰だって買いたくないと思うものですから、当然、日本製品を外国に向けて売ることを仕事としている、輸出分野の企業にとっては不利になります。これが、円安が良いとされる傾向が、日本経済に根強くある理由です。

では、このことが、資産運用などの金融投資にどのように関係してくるのでしょうか。金融投資にも色々なものがありますが、まず、前述のように、通貨が強くなることによって、外国に対して日本の製品が売れないという現象が起こると、当然輸出関連の企業の業績に悪い影響を及ぼし、こういった企業の株価が下がります。そして、日本はものを作って、色んな国に買ってもらうということを主たる収入源にしているという企業が多いという面で、こういった企業の株が下がれば、日経平均株価などの総合株も下がるという現象が起こります。逆に、強い通貨(つまり、日本の場合は円高)は、日本にとっては外国の製品が安いということなので、輸入産業には有利に働き、こういった企業の個別株価は値上がりをします。

その他の金融取引市場でのことを考えると、円が外国通貨に対して、短時間で安くなったり、高くなったりと、激しく値動きする傾向にある時には、金などの商品取引が活発に行われるようになります。金などの商品取引というのは値段の変動が緩やかであるというのが特徴とされていますが、値上がり傾向を見せている場合には、為替などのその他の金融市場が不安定になっているということを表します。市場が不安定である、つまり、値動きが激しいということは、それだけ損をするリスクも多く含んでいるということになります。ですから、そういったリスクを回避するために、通貨というものから別のものへ資産を移しておこうという、投資家の心理が働くのです。

このように、円安(または円高)の意味を考えて、自分の中で基準を持ち、その基準を超えたら(または下回ったら)売る、買う、などの指針を設けておくことは、運用を行うにあたって、とても重要なことです。