円安を活用する資産運用

円安がメリットとなる企業に注目する

資産運用の代表といっていい取引の中に株取引があります。株というのは、ある企業が、投資家達に資金を出してもらう(株券を買ってもらう)代わりに、儲けが出た時には配当金として利益を還元するというシステムが基本となっています。ですから、業績の良い企業の株を買うというのが、株取引で儲けを出すための基本となります。

では、株取引きに円安はどのように関わってくるのでしょうか。それは、円安という状態が、業績に有利になるような経営を行っている企業を探せばいいということです。簡単な例としては、輸出産業があります。これは、日本のサービス、技術、製品を輸出することを生業としている企業のことです。日本はモノづくりの国として有名で、日本の自動車や家電製品などは、製品が良いため、外国でも人気です。ですから、日本の製品を買いたいと考えている国はたくさんあります。ただし、輸出入の場合、値段に影響するのは為替レートです。国対国では生活習慣や経済発展の状況なども違うため、そこには物価の違いも、通貨の価値の違いも発生します。それらのギャップを是正するための、値段の計算の基準となるのが為替レートです。

もし、日本の通貨の価値が他の通貨より高かったら、日本から輸出された製品がどんなにいい製品であっても、不等に高い値段が付いてしまうということが発生し、売れなくなってしまいます。売る側としては、どちらかというと、円安傾向であった方が、たくさん売れるのでいいということになります。

とはいえ、過度な円安も考えものです。これは、日本はモノを作ることは得意ですが、残念ながら、独自の天然資源を持っていないということにあります。ものづくりの国とはいえ、時には、製品を作るために、原材料を輸入していることが多く、円安が過度に進むと、今度はこの原材料の輸入にコストがかかってしまい、せっかく輸出で得た収入を喰いつぶしてしまうということになります。

このような理論から、通貨の動きを注視すれば、どんな企業の業績に影響を与えるかが見えてくるため、どの企業の株を買うか、または売るかという基準もはっきりとしてくるわけです。