円安を活用する資産運用

円安をリスクと捉えて運用する

円安は基本的には日本の経済には有利な傾向です。ですが、経済には絶対というものがありません。ある現象に有利な点がある分、それが過度な状態になると、時に不利な点も生まれてくることがあるのです。為替レートの変動はまさにその好例といえます。

日本製品というのは品質が良いため、外国でも人気であると言われています。つまり、こういった日本製品を買いたい(つまり輸入したい)と考えている国はたくさんあるわけです。ただし、輸出入の場合、値段の設定に影響するのは為替レートです。国が違えば、習慣、文化、経済発展の状況なども違うため、物価の違いも、通貨の価値の違いも発生します。これらの違いを是正して、値段をつける基準となるのが為替レートです。日本の通貨の価値が、他の通貨より高かったら、日本から輸出された製品がどんなにいい製品でも、高い値段が付いてしまうことがあり、当然のことながら、同じ製品であれば、高い時より安い時に買ったほうが、消費者にとっては得なわけですから、売れなくなってしまいます。こういったことから、売る側としては、どちらかというと円安傾向であった方がいいということになります。

ものづくり立国と呼ばれ、外国に輸出を行っている企業が多く存在する日本の経済には、円安が有利な現象です。しかしながら、そこにはデメリットもあります。それは、外国にものを買ってもらうというのとは逆の場合、つまり、日本が外国からものを買うという場合です。日本は独自の製品を作ることは得意ですが、残念ながら、持っている天然資源はあまりなく、製品を作る時に原材料を輸入していることがほとんどです。円安が過度に進むと、今度はこの原材料の輸入にコストがかかってしまって、せっかく輸出で得られる収入をつぶしてしまうことにもなるのです。

円安の傾向が始まった時に、株価が上昇する可能性が高くなる輸出関連産業の株を買うのと同時に行っておきたい運用は、これとは逆に業績が下がる可能性がある輸入関連株を売りに出し、それを元手として、為替が持つ独特の変動を回避するための運用を行うことです。これは、通貨というもの以外に資産を変換させておくということです。金融取引市場では、前述のように、為替と株が相互に関連しているように、その他の金融市場でも、必ず影響しあっていますが、中には、他の市場の影響を受けにくいものもあります。その代表例が金取引です。為替取引はその価値が激しく変動するという特徴を持つことにより、時に大きく儲けることはできますが、その分、リスクも多く含んでいるということを覚えておき、適切なタイミングで利益を確定する、または前述のようなリスク回避行動をとる必要があります。