円安を活用する資産運用

上級者向け外国為替取引

旅行に行く時のために備えて、目的地の国の通貨を前もって買っておいたり、様子を見て、ぎりぎりまで交換するのを待ったりするといったことは、外国為替取引の理屈を理解するのに一番いい例ですし、初心者にも可能な取引ですが、基本的に外国為替取引は価格の変動が激しいことから、もともと上級者向けの金融取引であると言われています。大切なことは、為替取引をする際には、その通貨を購入する時に発生する手数料等も踏まえ、儲けの見通しを立てることです。また、為替取引で利益を出すということは、自分が持っている通貨の中で、自分が買った時よりも、価値が上昇したものを売りに出し、別の投資家に買ってもらうこと儲けを確保するのですが、この売るタイミングを図るということが、利益獲得のための大切なポイントですし、何よりもそこが難しい点です。

通貨の価値を変動させる要因となるものも、ひとつでありません。例えば、ある国の財政状況などが不安定になり、それについて政治家たちが解決策を見出せないままだと、その国の通貨は、国の発展の展望がないとして、価値の低いものとして投資家たちに扱われるようになってしまいます。また、ある国の経済状況に大きく左右されると見込まれる、別の国の通貨も下がってしまうことがあります。世界のどこかで戦争が起こるだけで、当時国はもちろんのこと、全然違う国の通貨が変動することもあります。さらに、為替の変動は株価などにも影響しますし、逆に、株価の変動が為替レートに影響することもあります。

このように、金融の世界では株や為替、金や原油などの商品取引が相互に影響しあうだけでなく、世界経済の状況や、政治の状況なども相互に影響しあい、複雑な絡み合いの結果として、新たな経済の現象が生まれます。こういったことからも、外国為替取引は、それら全ての「絡み合いの結果」を見通せる上級者向けの取引とされるのです。