正しい外貨預金のはじめ方

これから注目の外貨とは?

外貨預金等の通貨取引では、今後、どんな通貨に投資すればいいのでしょうか。例えば、発展途上国などの国に、ある意味、募金のような趣旨で金融投資をするのであれば、将来的に経済成長が見込めそうな国、これからで言えば、インドネシアやタイなどの東南アジア諸国の通貨がおすすめです。これらの国々は、これから確実に経済成長を遂げるということが見込まれていて、儲けを目的としている投資の場合にも、おすすめの国々です。

逆に、中国の人民元などは、個人で取引する場合には、色んな規制がありますし、中国という国の経済成長にも、かげりが見えてきていると言われているので、それほど将来性は見込めないかもしれません。

大事なことは、それらの国々の経済情勢に常に注目し、通貨の価値が上下する要因となりそうなことに敏感になっておくことです。例えば、通貨は、どこかの国の首相や、大統領が発言しただけでも、上下します。戦争などが始まったり、始まりそうになったりするだけも、値動きします。ですから、常に目を光らせて、的確なタイミングで通貨の売買を行い、利益を確定するなどの判断をすることが大切です。

ちなみに、先進諸国の通貨は、安定はしていますが、値動きが少ない分、大きな儲けも見込めません。また、最近の傾向では、国によっては、降下の一途を辿ると言われているところもあります。これからは、アジアやアフリカなど、まだまだ発展する予定がある途上国の通貨に注目しましょう。